一龍メニュー紹介
(写真をクリックすると大きくなります)
スープをひとすすりした瞬間に、既存するあらゆるラーメンとの違いに気づくはずです。(豚骨鶏がらうまみ醤油スープと俺は呼んでいます。)
そしてどのラーメンも、うまみ醤油スープとちぢれ麺との抜群の愛称を楽しめます。(大盛りは200円増しです)
中華そば中華そば\700
はじめて一龍に行かれる方におすすめです。なんと言っても麺、スープ、具のバランス感覚の良い一品。この一杯で一龍の味の世界を堪能することができます。俺の友達もみんなこの「中華そば」から入らせるようにしています。具は、チャシュー4枚、メンマ、もやし、ねぎ、紅生姜、この値段にこの味は絶対納得します。

メンマそばメンマそば\700
なんと申しますかメンマのコリコリ感がやみつきなんですね。そのメンマはスタッフが一本一本手で裂いており、なんともいえない歯ざわりをかもし出しています。大量のメンマに文句はありません。メンマ以外の具は、もやし、ねぎ、紅生姜。

にんにくそばにんにくそば\800
写真では区別がつきにくいですが、「中華そば」に、にんにくスライスを大量に加えたもの。生にんにくスライスええ、ちゃんと生にんにくを使用しています。よくある業務用のスクイーズされたにんにくではありません。スタッフがにんにく一粒一粒むいているのを何度か目撃しました。その生にんにくスライスがこれでもかと言うぐらい入っています。とても良い香り。男性が好みそうな味なのに俺の周りではなぜか女性陣に絶大なる人気があります。(俺の彼女もこれしか食べません。)

もやしそばもやしそば\800
中華料理系ラーメン屋的「炒めたもやし」ではなくて「湯がいたもやし」。このスープと麺には湯がいたもやしが良く合います。シャキシャキ感がなんとも言えない一品。

チャーシュめんチャーシュめん\950
写真のとおり麺が見えないくらいのチャーシューです。巷では分厚くてほろほろと柔らかいチャーシューが流行っていますが、一龍のチャーシューは薄切りでやや歯ごたえがあり、麺をすする瞬間にチャーシューも知らぬ間に口元まで付いてきちゃうようなスープと麺になじんでいるチャーシューです。食い応えあり。

ワンタンめんワンタンめん\900
他店のワンタンは知りませんが、一龍の場合ワンタンの具にも味がしっかりつけてあります。俺の友人で新宿に屋台のラーメン屋を出してるヤツがいるんですが、そやつがこのワンタンを絶賛!写真ではわかりにくいですが麺の奥にワンタンが5〜6個潜んでいます。もちろんママさんの手作りワンタンです。

冷やし中華冷やし中華\800(夏季限定)
夏の定番!食欲不振の場合でもスルスルと口に入りそうな冷やし中華ひとつまみぐらいのサッパリ感が魅力。つけ麺のように「サッパリ醤油つゆ」につけていただきます。
う〜んサラダ感覚と言っても良いかもしれないです。氷の上に麺が1.5人前のっかってって、チャーシュー、メンマ、キュウリ、モヤシ、ノリ、ネギ、紅生姜。夏季限定です。

ギョーザギョーザ\450
午後2時以降に注文するとすでに品切れになってることがある幻の一品。なにか特徴を挙げろといわれてもそんなに特徴的ではないのだけれど・・・しかしうまい。家庭の味とか手作りの味とかそんな言葉が似合います。ママさんの愛情のおかげでしょうか。

つぼづけつぼづけ
無料です。カウンターに置いてあります。ラーメンと混ぜて食べると言うよりも、お口直し的存在だと思います。(ラーメンと混ぜるとスープの味が変わってしまうから俺はしませんが、混ぜる人もいます。)